仮囲い

標準パネルの特長

あらゆる空間を、クイックにつくる。あらゆる空間を、クイックにつくる。

少ない人数で、誰でも簡単に施工可能。現場の省人化に貢献

マルチクラフター(多能工)による少人数での設置が可能。専門業者の手配も要りません。

上下ランナー標準装備でビス穴のリペア不要

上下にランナーを標準装備。ビスでランナーを固定する手間が省け、設置後のビス穴を埋めるリペア作業も不要。鋼製ランナーにもお使いいただけます。

現場でのパネルカットや養生不要で美観向上

これまでのようにパネルを切らないから、粉塵はもちろん切りくずも出ず、設置側はもちろん、周りの養生も必要ありません。

何度でも繰り返し使ってコストを削減

設置場所やフロアを変えてもパパっと脱着して何度でも繰り返し使える。専用台車を使えば次の場所への運搬をスムーズに、収納も驚くほどコンパクトにできます。

安全機能標準装備。万が一のパネル落下を防ぐ

ストッパーボルトを締めるとボルト先端がレバーを下に押し、操作パイプが下がらない機構に。万一のパネル落下を防ぎます。

上下ランナーにも粉塵と横ズレを防ぐゴムを装備

ランナー部に装着されたゴムで天井と密着させ、横滑りによるパネルのズレを防ぎます。また、内側のモヘアによって粉塵をキャッチします。

アジャスターでパネルの傾きを水平に調整可能

勾配のある現場での微調整は、パネル下部のアジャスターで調整し水平に設置できます。

幅調整パネルの特長

狭い隙間ができても、幅調整パネルでカンタン

幅調整パネルは、標準パネル(W300)でも埋められない隙間幅にぴったり。また、裏面がマグネットになっているのでスピーディに見た目も美しく施工が完了。

連結金具の特長

パネル同士を専用の連結金具で固定して耐衝撃性を向上。またベースフレームの上部と操作パイプ横材下部に取り付けることで、万一のスライドパネル落下の防止も兼用。

ドアの特長

専門設計された2タイプのドア。使い勝手と入退場管理を両立。専門設計された2タイプのドア。使い勝手と入退場管理を両立。

吊り下げ式の引き違いドアは現場の状況によって全開できる(最大開口間口は1714mm)ため、長尺資材の運搬にも最適。

狭小なスペースに設置できる片開きドアは取っ手を回さなくても押すだけで簡単に開閉できる仕様を採用。

ドアにも、パパっとE3パネルならではの工夫が満載。ドアにも、パパっとE3パネルならではの工夫が満載。

  • POINT 1

    下部レールレスなので作業がスムーズに

    下部レールが無いから台車でそのまま搬入も楽に行え、つまづきなどによる転倒を防ぎます。

    ※引き違いドアのみ吊り下げ式

  • POINT 2

    ドアを外して搬入出することが可能

    2タイプドアいずれも必要に応じて取り外して開口部を広く確保できるから搬入出作業がスムーズに。

  • POINT 3

    現場の出入りを管理できる鍵錠タイプ

    現場の防犯性を高め、関係者のみ安心して出入りの管理ができるキーシリンダー錠を採用。

  • POINT 4

    フレームは分解して保管&運搬がラクラク

    ドアフレームはドライバーひとつで組み立てできる簡単設計。柱と梁が分解できるから保管や持ち運びにも困りません。

  • POINT 5

    専用設計で美しい仕上がり

    ドア枠端部の「コの字」部分に標準パネルを収める専用設計にし設置後の仕上がりもジャストフィット。また、下部にアジャスターを設置し様々な現場環境に対応。

欄間パネルの特長

引き違いドアも片開きドアも、ドア設置後の隙間に欄間パネルを設置。設置場所の天井高にあわせてS・M・Lサイズから選べます。

伸縮する欄間パネル

欄間パネル同士はワイヤーで繋がれているので万一の落下を防ぎます。

専用台車の特長

専用台車を使えば、パネルもドアもまとめてコンパクトに収納。保管場所も選ばない。専用台車を使えば、パネルもドアもまとめてコンパクトに収納。保管場所も選ばない。

パネル・ドア・欄間・金具がまとめて台車1台に!

パネルもドアも欄間も1ショップ分(9m)を収納できる専用の台車はエレベーター対応。これまでのような階段などでの運搬も不要で楽々。使わない時はL型に折り畳んで保管できます。

エレベーターへの搬入出もスムーズにできます。

エレベーターの出入口幅1100mmx高さ2200mmでも問題なく積み込めるから運搬時の負担が軽減。

設置手順